上町台地の地形の種類

00:20

chikei_02.jpg


上町台地の高低差をほぼ一通り歩いてみて、なんとなく地形の種類分けができそうに思ったので整理してみました。呼び名もすこしゆるめにしています。お許しを…。上町台地は基本的に傾斜している地形が多いです。ゆるやかな傾斜も含めて「さかみちけー」と呼ぶ事にしました。それが大部分を占めていて、「石段」や「階段」「石積み」なども多く点在しています。西側には特徴的な「がけっぷちけー」エリアがあり、面白い地形でいえば「こぶ地形」が個人的には発見でした。谷の跡には「くぼちけー」もあり、小規模な「だんさ」も点在しています。

それらがどこにあるのか、地図上にプロットするためにピクトグラムも作ってみました。石段や石積みは地形ではないのですが、プロットしておきたいポイントの一つなので加える事にしました。それらをプロットした地形分布マップはおいおいアップしていきます。どこにどういう地形が存在するのか、それらを共有することも大阪高低差学会の役割だと思っています。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事