ナカノシマ大学の講座を終えて

11:53

「月刊島民」のナカノシマ大学に感謝

「月刊島民」とは、京阪電車の主要駅や関連施設、大阪市内の書店や公共施設等に配布されているフリーの小冊子で、ナカノシマ大学は、発行元の140B社が運営している一般市民向けの講座です。140B社は中沢新一氏の「大阪アースダイバー」の刊行にも関わっており、私と中沢新一氏を繋ぐ場(中沢氏の出版記念トークイベントにゲスト出演)を設定してくださった会社であり、大阪高低差学会発足のきっかけを作ってくれた会社でもあると私は思っています。そんなナカノシマ大学での「大阪・高低差地形入門」講座のレポートです。

IMG_1657.jpg
耐震工事を終えた大阪府立中之島図書館。

IMG_1663.jpg
当初の企画では、この80名ほどの空間で大阪の地形の入門編を土曜日の昼間に開催し、帰りに地形を歩いてもらえるようにオリジナルのマップを作ろうという趣旨でした。

nakanoshima_map.jpg
マップも私が楽しみながら作らせていただきました。告知を記載した「月刊島民」が3月1日に配布が開始されるので、私もその日に告知をはじめたのです。

ところが、
翌日(3月2日)の昼頃に事務局の大迫さんから携帯に電話が…

「新之介さん、ヤバいです」
「え?」
「申込が殺到してもうすでに60名の方が申し込まれています。どうしましょ?」
「どうしましょっていわれても、どうしましょ」
「ちょっと考えますわ」
「ちょっと考えましょか」

※記憶が定かでないのですが、こんな会話をしたような…

ということで、急遽、エキストラ講座を設定しようということになり、ホームページにもその告知を超敏速に反映するという神業がこの後行われました。で、私にとっては広すぎると思われる中央電気倶楽部でのエキストラ講座が決定したのです。

20170527_1.jpg
とても素敵な中央電気倶楽部。

20170527_2.jpg
5階のホールです。

IMG_3872.jpg
達筆で書かれた素敵な表示板。

IMG_3847.jpg
す、すごい。
座席は300席以上用意していただいたのですが、満席でした。

IMG_3867.jpg
とてもありがたく感激でした。

20170527_3.jpg
いつもお世話になっている紀伊國屋書店さんにも本の販売をしていただきました。実は、この日5月27日は本の発売1周年。当初は有料で販売する予定だったオリジナルの安全タオルを、急遽無料でプレゼントすることにしました。その日の朝にフッと決めて。
結局、講演後に単品販売も300円で行い、用意していた140枚のタオルは飛ぶように売れて完売。うれしかった。

とてもいい経験をさせていただきました。
話を聞きに来てくださった皆様と関係者の方々に感謝です。
これからも少しずつ、大阪の地形の魅力を発信していければと思っています。


スポンサーサイト


コメント

  1. 0058 @De_N_cHu | URL | -

    ありがとうございました

    遅ればせながら 大阪「高低差」地形散歩を購入し、安全タオルをいただきました。
    ありがとうございました。
    早い時間からギッシリの聴衆で、新之介さんの人気の高さに驚きでした。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事