真田丸跡を東京スリバチ学会と歩く

01:40

ようこそ!大阪の高低差へ

4月29日(土)、東京スリバチ学会・皆川会長からのお声がけで、遠方から地形歩きの楽しんでいる方々をお迎えしてのフィールドワークを大阪で開催しました。大阪に来られたのは、東京スリバチ学会・千葉スリバチ学会・名古屋スリバチ学会・野良スリバチ学会・秋田スリバチ学会・フィレンツェスリバチ学会・みやぎスリバチサロン・東京マナイタ学会・神戸高低差学会など、地域では、東京・千葉・仙台・日光・秋田・名古屋・愛媛など、どんだけ遠くから集まってくるんですかというくらいで、大阪のスタッフなども合わせて約60名ほどで歩きました。案内してるとなかなか写真が撮れないので写真点数が少ないですが、当日のレポートを簡単にまとめておきます。

IMG_6016_01.jpg
最後に寄った大阪城での記念写真。一応、うすーいぼかしを入れておきますね。

onsen.jpg
で、写真で数名の方がタオルを首に巻いておりましたが、大阪高低差学会の温泉タオルができました。泉州タオルです。フィールドワークの後に銭湯に持っていきましたが、使い心地はバッチリ。

sanadamaru_01.jpg
sanadamaru_02.jpg
これは、ブラタモリの真田丸スペシャルの時に使った絵図と地図を重ねたもの。ブラタモリで紹介されなかった見どころも含めてぐるっと回りました。①は抜け穴。②は谷跡、③は崖跡、④と⑤は堀跡、⑥は千田先生の発掘現場、⑦は石積みの擁壁と発掘調査現場など。

suribachi_20170430235557725.jpg
今回のコースです。基本的には、清水谷と南惣構堀跡周辺の高低差をメインにして、後半は少し大阪らしい場所をご案内しました。

IMG_5948_01.jpg
ここは②から③に向かう途中。

IMG_5963_0.jpg
⑦の場所は、家屋が解体されて石積みの擁壁が現れ、発掘調査現場も確認できます。ここは南惣構堀(清水谷)に繋がっていく傾斜地で、真田丸の西側の崖だと推定される場所。おそらく江戸時代の家屋跡が出るくらいだと想像しますが、思わぬものが出てくると面白いですね。調査が終わった後はマンションの建築がはじまるので見れるのは今だけかも。

IMG_5967_01.jpg
ここは、我々が「グレートな坂」と呼んでいる坂道。今回は読売新聞の記者の方が取材に来られていて、道路の向こう側でカメラマンさんが構えているのでかなり意識して歩いています。

IMG_5973_01.jpg
この階段も、地形を楽しんでいる人達感を演出してあえて手を振る人達が…。かなり噓っぽい写真になってしまいそうな…

IMG_5982_01.jpg
ぞろぞろと玉造稲荷神社に向かう一行。

IMG_5984_01.jpg
今回は約2万歩くらいで高低差も比較的少ないのでみなさん足取りも軽やかです。

IMG_6008_01.jpg
難波宮跡で解説をはじめる大西副代表。リュックに入れてきた資料の重さが14キロに達していたとか。恐るべし…

IMG_6012_01.jpg
大阪城の堀を見られて「すごいな〜」と言っていたので大阪人としてちょっとうれしかった。

IMG_6021_01.jpg
で、宴会は千日前の「味園」へ。途中までは各方面で活動されている方々の報告などを発表していただいたりしていたのですが、今回も、途中からカラオケ大会になってしまいました…

IMG_5999_01.jpg

ということで、今回も、歩いて、食べて、飲んで、歌ってと楽しい一日でした。
みなさんお疲れさまでした!
皆川会長のおかげでまたたくさんの出会いがうまれてとてもうれしかったです。
どんどん地形を楽しむ人の輪が広がっていくといいですね。

スリバチの空は広い!
大阪の空も広かった!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事