春のフィールドワーク・真田丸と南惣構堀の高低差

01:00

大阪高低差学会・2015 春のフィールドワーク
足下の堀跡を感じる
真田丸と南惣構堀の高低差


P4195086.jpg
前日の天気予報だと、ほぼ間違いなく雨が降るだろうと言われていたのに降りませんでした。まさに軌跡の4月19日日曜日。集合場所の東小橋北公園にはたくさんの参加者が集まってくださいました。ちなみに私が立っているのは滑り台の上です。

P4195094.jpg
丘の上にある玉造稲荷神社。数日前の朝日新聞にこの鳥居の記事が出ていました。近くで見ると迫力があります。

P4195100.jpg
道路の真ん中にある白光大神。

P4195107.jpg
いわゆるグレートな坂。この向こうが南惣構(みなみそうがまえ)堀跡になります。

P4195117.jpg
いいですね。グレートな坂にこんなたくさんの人が。

P4195118.jpg
素晴らしい。グレートの名にふさわしい。と、ひとり喜んでおりました。

P4195119.jpg
清水谷公園の高低差にやってきました。

P4195120.jpg
かつて谷であった丘の上をウォークです。

P4195121.jpg
なかなかいい擁壁だ。

P4195124.jpg
清水谷から真田山の向かう途中のゆるやかな窪地。ここも惣構堀の跡です。

P4195128.jpg
心眼寺坂にある興徳寺。ここで新情報です。

P4195135_2.jpg
例のこれ、30kg以上の人は乗れないこの乗り物が動く事を確認しました。実際に乗ってもらっての実験です。もうビックリ。でもね、女の子、動いてるときはかなり怖そうでした(笑)

P4195142.jpg
で、心眼寺さんも大賑わい。

P4195159.jpg
休憩を挟んで味原池に向かう途中の崖。

P4195167.jpg
ここは味原池の跡が分かる擁壁が残っている場所です。

P4195170.jpg
味原池の窪地を歩く一行。

P4195150.jpg
今回は大人数でしたが、事故もなく無事終了できました。参加されたみなさま、お疲れさまでした。

sanada_2.jpg
今回は参加人数が多く断念しましたが、本当は南惣構堀の跡を東西に歩きたいと思っていました。窪地が点在している地域ですので、ご自身でフィールドワークをしてはいかがでしょうか。お勧めエリアです。

次回のフィールドワークは秋を予定しています。
次は上町台地を離れようかと…

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事