大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・後編(纒向古墳群)

15:00

大阪高低差学会古墳部
第1回古墳ブラ歩き
〜怒涛の巻向編〜(後編)

前編では、箸墓古墳と纒向古墳群の東田(ひがいだ)支群に属する纒向石塚古墳、勝山古墳、矢塚古墳、東田大塚古墳を巡りましたが、後編は箸中支群に属する古墳を巡っていきます。

google_makimuku_2.jpg
オレンジ色のラインが後半のコースです。

PC143684.jpg
いい感じの町並みです。実はこの集落の真ん中に古墳があるのです。

PC143688.jpg
大神(おおみわ)神社末社の富士神社と厳島神社。

PC143686.jpg
厳島神社は弁天社とも呼ばれています。

PC143692.jpg
その社殿の裏側に古墳があるのです。大木の根が石を飲み込むように絡み合っている。

PC143694.jpg
封土は失われ巨石が露出した状態。

PC143734.jpg
巨石は崩され、いびつな形をしています。

PC143730.jpg
弁天社古墳です。玄室内に破壊された石棺が残っているようですね。

PC143709.jpg
ここから中が見えますよ。

PC143710.jpg
下りてみましょうか。

PC143711.jpg
中はこんな状態。中央に穴が空いた石棺が見えます。

PC143713.jpg
石棺にも大木の根が絡んでますね。

PC143715.jpg
玄室から上を見上げたところ。ここが集落の真ん中だというのが凄い。

PC143700.jpg
インディ・ジョーンズ状態のふたり。

PC143740.jpg
さて、次に向かいます。

PC143745.jpg
田んぼの真ん中に古墳があります。

PC143754.jpg
巨石が露出した狐塚古墳。

PC143758.jpg
向こうの山は三輪山。この地域の有力者の墓で、豪族・三輪氏との関連が推定されているようです。

PC143766.jpg
結構でかい。元は40m以上の方墳だったようです。

PC143765.jpg
中央の小さい石が気になる。

PC143761.jpg
中を覗くと下に石棺の蓋がある。

PC143763.jpg
しかし玄室が広い!しかも天井が高い!びっくり。石舞台古墳を彷彿させてくれます。

PC143782.jpg
反対側から。水が溜まってました。

PC143781.jpg
玄室内には石棺が3基あったようです。築造時期は、古墳時代終末期の7世紀前葉頃だそうです。

さて、
PC143822.jpg
ここは茅原(ちはら)大墓古墳です。

PC143795.jpg
帆立貝形の古墳で、後円部が3段、前方部が2段。各段の斜面には葺石がほどこされ、円筒埴輪も確認されています。築造は4世紀末頃だそうです。

PC143803.jpg
段の側面に葺石がありますね。

PC143806.jpg
墳頂です。木を伐採した跡が随所にあるので、かつては木々で覆われた森だったのでしょう。

PC143810.jpg
目の前に箸墓古墳が見えます。

PC143826.jpg
さて、ある敷地内をスタスタと歩く大西氏。

PC143827.jpg
家の裏庭であることも気にせずスタスタと。
そんなにスタスタ行って大丈夫か?と不安になる私…

PC143830.jpg
突然ピタッと止まって指を差した向こうに!

PC143831.jpg
おお!家の裏庭に古墳が!
実はここ、慶運寺というお寺の敷地内で、慶運寺裏古墳といいます。

PC143839.jpg
中は暗くてピンぼけ…

PC143843.jpg
振り返ると、「あ、新之介さんそのまま!ちょうど大きさの比較になっていいです♪」と写真を撮られちゃいました…

PC143849.jpg
再びスタスタを行く大西氏。

PC143852.jpg
なんと、さっきの古墳の上にさらに古墳があるのです。慶運寺裏円墳。2つの元の形がわかりませんが、円墳が2つ並んで上と下にあったようですね。

PC143863.jpg
慶運寺裏円墳前からの眺め。

PC143870.jpg
敷地内にこんな石仏がありました。

PC143867.jpg
弥勒菩薩(みろくぼさつ)が刻まれてた石棺仏。

PC143865.jpg
色がピンク色っぽいですね。阿蘇ピンク石のようです。

PC143873.jpg
さて、宝恵と刻まれた石碑があるここはホケノ山古墳です。

PC143874.jpg
後円部が3段の前方後円墳。纒向型前方後円墳の中で唯一葺石を有する古墳です。築造は3世紀中頃と考えられています。

PC143878.jpg
段の側面に葺石が確認できます。

PC143882.jpg
目の前は箸墓古墳です。日が暮れちゃいましたね。
ここで終わっても良かったのですが、あとひとつとっておきの場所があるということなので移動。

PC143893.jpg
暗くなってきましたが向かうのは珠城山(たまきやま)古墳。

PC143898.jpg
え?こんな山道を行くの?

PC143901.jpg
しかも足元は落ち葉でふわふわ状態。さらに急勾配だ。

PC143902.jpg
おいおい、ここを行くのか?

PC143905.jpg
もうすでに道なき道状態…

PC143907.jpg
こ、この上にあるのか?
それにしても、帰りはどうするんだ?
真っ暗になるぞ!


PC143908.jpg
てっぺんに着いたら今度は下り。

あれ?

PC143909.jpg
なんと、普通の道にたどり着いた。
なんだったんだ、あの行程は…


PC143912.jpg
すぐ近くに目的の石室が。

「ここが珠城山(たまきやま)1号墳の横穴式石室です。
すみません、道を少し間違えました…へてぺろ」


みんなで突っ込んだのは言うまでもありません…

PC143916.jpg
とりあえずこれが珠城山1号墳の横穴式石室です。

PC143911_2.jpg
我々がのぼったのは、2号墳の後円部だったようです。

PC143911.jpg
まぁ、それはいいとして、これが珠城山古墳群の全体です。地形を活かした前方後円墳だというのがよくわかりますね。今度は昼間に来てみたい。

PC143919.jpg
向こうに大きな渋谷向山古墳が見えます。
この周辺はまだまだ興味深い古墳がたくさんありそうです。
今回の「第1回古墳ブラ歩き」は最高に楽しかった。
企画してくださった大西さん、ありがとう。
さぁ、次はどこに行きましょうか?


(関連サイト)
大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・前編(纒向古墳群)
大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・後編(纒向古墳群)
大阪高低差学会古墳部・Facebookグループ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事