大阪の地形について

01:00

osaka_002.jpg

大阪の地形図を広範囲で見てみたいと思います。
この地形図は国土地理院の数値地図5mメッシュ(標高)と10mメッシュ(標高)をカシミール3Dで制作している。(数値地図5mメッシュで欠けている部分を数値地図10mメッシュで補っています。)

大阪の中心部は低地が大部分である事がよくわかる地形図です。中央部に上町台地があり、北には千里丘陵や北摂山地、千里丘陵の西側に伊丹段丘があり、台地の東側には生駒山地や枚方丘陵がある。千里丘陵は東京の地形にやや似ている所があり、スリバチ地形はここを歩けば見つけることが出来そうです。伊丹段丘は猪名川と武庫川の間にあり、地形が段々になっている。よく見ると猪名川の西側に段が見えるが、この段沿いを歩くのも面白いかもしれない。

地形図に歴史ある神社をプロットしてみた。すると低地と高台の境目にすべてが当てはまる。岬や崖の上は古来より聖地とされてきたというが、あるべき場所に重要な神社が置かれている事を改めて実感する。また、上町台地の南には世界的歴史遺産である百舌鳥(もず)古墳群があり、その東側に古市古墳群がある。百舌鳥古墳群は海からよく見える場所にあり、古市古墳群は大和川を遡り大和へ向かう途中にある。両古墳群は渡来人が多く訪れた地域でありアースダイバー的にもとても興味深い地域だ。

大阪高低差学会としては、上町台地を中心にフィールドワークをしていこうと思っていますが、このように俯瞰で見ると興味深い地域は多い。とても素敵です。会員の皆さんもそれ意外の高低差に関心をお持ちの方も、ぜひお近くのフィールドに出て面白い高低差を発見してみて下さい。きっと「お〜っ!」っとうなってしまう高低差が隠れているに違いない。


(追記)
奈良、京都も見てみたいという声がありましたので追記しました。
nara_kyoto02.jpg

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事