FC2ブログ


ナカノシマ大学 カシミール3Dとカシバード

02:00

ナカノシマ大学2018年8月講座
大阪を見下ろせ!

2018年8月21日(火)、本渡章さんの著書『鳥瞰図!』の刊行を記念として、本渡さんと一緒に登壇させていただきました。前半は本渡さんによる様々な鳥瞰図とその魅力について、後半は、私が「カシミール3D(無料)」で何ができるのか、「カシバード」でどんな鳥瞰図が描けるのか、iPhone・iPad用のアプリ「スーパー地形(有料)」やカシミール3D用の「スーパー地形セット(有料)」の素晴らしさを、営業マンになった気分で熱く語ってきました(笑)。結構関心を持って聞いてくださった感じだったかも。で、その時のスライド画像を少しだけご紹介します。

DSC_4753.jpeg
大阪府立中之島図書館 別館の2階、きれいな会場でした。

DSC_4773.jpeg
満員御礼です。ありがとうございました!

DSC_4779.jpeg
普段、自分のプロフィールだけで30分しゃべるのですが、今回はぎゅっと凝縮して3分を目標に。

a001.jpg
大阪・京都・奈良・神戸を俯瞰で見た図。色の設定は結構こだわります。

a002.jpg
海水面を数m上げて、縄文海進時のイメージで大阪湾全域をカシバードで見たところ。結構お気に入りの画像です。

a004.jpg
淡路島〜六甲山〜千里丘陵へのラインが美しい。

a005.jpg
淡路島〜紀淡海峡〜泉南の海岸線〜上町台地のラインがいい。

a008.jpg
上町台地の先端部。

a0013.jpg
河内平野の上空から千里丘陵方面を。島は鶴見緑地です。

a0016.jpg
千里丘陵南端の崖線から伸びる高川と天竺川の天井川。

a0015.jpg
百舌鳥古墳群の上空から。仁徳天皇陵と履中天皇陵古墳が、海岸線の丘の上に並んでいるのがよくわかる。海上からどのように見えるかも計算して造られていたのだと思われる。

a0014.jpg
西宮上空から六甲山地を望む。

a0017.jpg
明治時代の今昔マップをカシバードで見たところ。木津川、宇治川、桂川が山崎の狭隘部でひとつになり淀川になっていく様子がよくわかる。巨椋池が中央部にあります。

a0019.jpg
川だけ地図をカシバードで見たところ。

a0020.jpg
奈良盆地の川がすべてまとまり、大和川になっていく様子がよくわかる。

スポンサーサイト






最新記事