FC2ブログ


富田林寺内町 土居跡を辿る・大阪高低差学会 2017 冬のフィールドワーク 

00:00

【50名の定員を越えましたので参加申込は締切りました。参加予定の方及びお連れさま、コメントで参加表明していただいた方々、よろしくお願いします。興味ありをポチってくださった皆様、ありがとうございます。またの機会によろしくお願いします!(11/20 23:50)】


2017 冬のフィールドワークのお知らせです。
今回は富田林。国の「重要伝統的建造物群保存地区」と建設省選定「日本の道100選」に選ばれた観光地でもあります。河岸段丘の地形を活かし、周囲を土居で囲まれた自治都市として発展してきました。現在は土居はありませんが、その痕跡は随所に残っています。今回はそんな富田林の土居跡の縁(へり)を辿っていきますよ。

開催日時:12/3(日)雨天決行(ただし悪天候の場合は中止)
集合場所:近鉄「富田林」駅前
集合時間:12時00分(16時30分頃 近鉄「富田林」駅で解散予定)
参加費:100円(資料+缶バッチ)中学生以下は50円。
定員:50名くらい

※ 昼食は済ませてお集まりください。
※ 舗装されていない道も歩きますので歩きやすい靴で参加ください。
※ 観光地ですので誘惑もいっぱいあります。途中ヌケ、途中合流自由です。
※ 会員でない方も大歓迎!
※ 日が暮れるのが早いので16時頃終了を目指す予定です。
※ 懇親会は駅前にある「魚民」を予定しています。予約はしていませんので当日は臨機応変に対応。清算は各テーブルでお願いします。

申し込みはFacebookページで ↓こちら
https://www.facebook.com/events/504531913257781/

to_0001.jpg

(歩くコース)
富田林4
「日本の道100選」の城之門筋はもちろん歩きますが、その後は基本的に縁を楽しもうかと。

DSC_5441.jpg
集合場所の近鉄「富田林」駅です。このあたり。

DSC_5453.jpg
この道が「日本の道100選」。キョロキョロしながら歩くといろんな発見がありますよ。

DSC_5457.jpg
外部からの侵入を防ぐ目的で道を半間ほどずらした「あてまげの道」が随所にありますよ。

IMG_8885.jpg
興正寺別院。

IMG_8908.jpg
富田林寺内町の中心となった浄土真宗(一向宗)の寺院です。

DSC_5480.jpg
寺内町の西縁の高低差。

DSC_5481.jpg
この下に下りると川が流れてます。

DSC_5572.jpg
低地に大きなイチョウの木。

DSC_5579.jpg
この場所も土居があった場所です。

DSC_5490.jpg
ここも土居跡の高低差。横に川が流れてます。

IMG_8974.jpg
今は暗渠になってしまったが、かつては下に川が流れていました。この道は東高野街道です。

DSC_5507.jpg
左の坂道が向田坂。上の道がつくられる前は向田坂が東高野街道でした。

DSC_5513.jpg
有名な「町中 くわへきせる ひなわ火 無用」と刻まれた道標。

DSC_5516.jpg
普通のお宅の横道が山家坂。

IMG_9007.jpg
昔のままの坂道。かつての土居も竹薮等が茂っていたと考えられています。

DSC_5519.jpg
トゲトゲの有刺鉄線が付いた杭が倒れてました。ちょっと歩く時に注意してくださいね。

DSC_5522.jpg
坂を下りると石川の河川敷です。

DSC_5526.jpg
天気がよければ二上山がよく見えます。

DSC_5529.jpg
河岸段丘を背景に河川敷で記念撮影をします。ここまでは遅れないように付いてきてくださいね。

DSC_5530.jpg
亀ヶ坂。

DSC_5533.jpg
じないまち展望広場で休憩。

DSC_5540.jpg
その横に山中田坂。ここが最も河岸段丘の上にある富田林らしい風景かも。

BAL_1032.jpg
ここを歩く時は小石を敷きつめた背割り水路をチェック。

DSC_5547.jpg
坂を下りて水路に沿って歩くと

DSC_5549.jpg
こんな坂道が。いまから30年くらい前の学生の頃にも写真を撮った場所。バイトで買ったミノルタα7000で。家は変わったけど雰囲気は変わってないなぁ。

DSC_5554.jpg
反対側にもこんな坂道が。






スポンサーサイト






最新記事