大阪高低差学会・2016 秋のフィールドワーク 道明寺

07:30

大阪高低差学会・2016 秋のフィールドワーク
道明寺古戦場跡と古墳めぐりと

今回も大阪市内を離れて古市古墳群の中に位置する道明寺周辺をフィールドワークしてきました。このエリアは上にのぼれる古墳が点在しているので古墳めぐりも楽しいのですが、やはり今年はなんといっても「真田丸」。大坂夏の陣の古戦場跡でもある道明寺合戦もイメージしながら地形を巡ってきました。前半は台地の高低差と古墳めぐり。後半は後藤又兵衛基次(もとつぐ)の戦いが語り継がれている小松山を歩きました。哀川翔がどのように夏の陣を戦うのか今から楽しみです。

IMG_3753.jpg
ここは允恭(いんぎょう)天皇陵古墳の北側にある段丘崖。東西に続く崖沿いを東に歩いて行くと国府(こう)遺跡があります。

IMG_3758.jpg
国府遺跡で解説をする我らが大西さん。

IMG_3763.jpg
この坂道は台地の高低差がよくわかる場所。このすぐ南側に道明寺天満宮があります。大坂夏の陣の配陣図がどこまで正しいかわかりませんが、豊臣方と徳川方は丘陵地の上と下で分かれたのかもしれませんね。

IMG_3768.jpg
道明寺天満宮境内でちょっと休憩。境内も見どころがたくさんあるので大西さんのプチツアーに向かう人々。すごい。

IMG_3776.jpg
休憩後は古墳めぐりへ。こちらは土師ノ里駅前にある鍋塚古墳。上に上がると気持ちいい。

IMG_3778.jpg
神社の境内を近鉄電車が通る澤田八幡神社。

IMG_3782.jpg
そして古室山古墳の尾根を歩いて後円部へ。

IMG_3788.jpg
ここからの眺めはいいですよね。あべのハルカスもよく見えました。

IMG_3793.jpg
結構な高低差です。

IMG_3783.jpg
後円部で記念撮影。画角がいっぱいいっぱいで古墳感がまったくないですが標高31mの墳頂です。

IMG_3800.jpg
草が刈られて管理が行き届いているので歩きやすいですが結構な急坂です。

IMG_3804.jpg
下からみると緩やかに見えるんですけどね。

IMG_3808.jpg
次に向かったのが大鳥塚古墳。

IMG_3811.jpg
古墳にのぼる前に草の中を歩いたのでひっつき虫がいっぱい。これヌスビトハギというヤツですよね。

IMG_3812.jpg
後円部の墳頂でひっつき虫を取る人々。

IMG_3813.jpg
ほぼ皆さんやられたみたい(笑)

後半は石川を越えて小松山(玉手山)へ。
domyoji_01.jpg
道明寺エリアは大坂夏の陣の激戦地だったのですが、どんな戦いだったかをちょっとおさらい。

domyoji_02.jpg
豊臣方、徳川方の最後の決戦が始まった慶長20年(1615年)泉南地方や八尾・若江など各地で大きな戦が繰り広げられていた。その中でも、大坂の関ヶ原とも言われる激戦が繰り広げられたのが、この「道明寺の合戦」である。
慶長20年5月6日の未明、大坂城を出た「後藤又兵衛基次(もとつぐ)」は、徳川方の出鼻をくじくため河内国分へと2800の兵を進めた。
道明寺についた又兵衛は、石川を渡り小松山に上り河内国分を見下ろすと、そこにはすでに数万の徳川軍が集結を終えていた。かまわず果敢に戦いを挑んだ又兵衛は、「奥田忠次三郎右衛門」を討取るなどの戦果をあげたが多勢に無勢。8時間にわたる激闘の末、「水野勝成」や「伊達政宗」の軍勢に圧されて自刃、隊は壊滅した。

domyoji_03.jpg
勢いづいた徳川軍は、石川を渡って道明寺へ進軍。そこへ、遅れて到着した「薄田隼人正兼相(すすきだはやとのしょうかねすけ)」や「明石全登(あかしたけのり)」が迎え撃つも徳川勢の勢いは止まらず薄田隼人は善戦空しく討死。
いよいよ崩れかけた豊臣方を立て直したのが「真田信繁」であった。信繁は、誉田八幡宮付近に布陣。これには伊達政宗の武将「片倉重長」が盛んに攻め立て両者相譲らず、戦いは膠着した。
そこに届いたのが、八尾・若江の戦線で、豊臣方の防衛が突破されたとの知らせがあった。この知らせを受け、戦場を縮小し大坂城の守りに転ずべしとの「毛利勝永」の采配で、戦の舞台は道明寺から天王寺へと移された。その際、殿軍を務めた信繁は、「関東勢百万と候え、男は一人もなく候」と徳川軍を嘲笑しながら悠然と立ち去ったと言われている。翌5月7日、「真田信繁」は、討死、大坂城は陥落した。(道明寺駅前の解説より)

IMG_3823.jpg
日が暮れるのが早くなりましたが、玉手山に上がると下には歩いてきた大小の古墳が見下ろせます。

IMG_3825.jpg
ここは後藤又兵衛基次が河内国分を見下ろすためにのぼったであろう場所にある玉手山2号墳。

IMG_3829.jpg
旧国分村は東側なのですが、西の空の夕日がきれいだったのでみんな西側を。

IMG_3832.jpg
ここは玉手山2号墳の上につくられた墓地。

2gofun.jpg
グーグルマップでみると前方後円墳である事がわかります。

IMG_3843_2.jpg
最後はこのグレートな階段を下りて河内国分駅に向かいました。

kan_20161031225655ad1.jpg
参加記念の缶バッジ。
今回は段丘崖と古墳めぐりと道明寺古戦場跡ととかなりバラエティに富んだフィールドワークでした。
参加された皆様、お疲れさまでした!!

さぁ、春はどの辺りを歩きましょうか。

スポンサーサイト



最新記事