大阪高低差学会・2016 秋のフィールドワーク「大阪夏の陣・道明寺の戦いの地形を歩く」

20:20

大坂夏の陣
道明寺の戦いの地形を歩く

map_1.jpg
秋のフィールドワークのコースです。赤→橙→黄の順番で歩きます。道明寺天満宮に2回立ち寄るのでそこでトイレ休憩を入れますね。

field02.jpg
今回配布予定の凸凹地図です。当日まで日にちがあるので手を加えるかも。

field01.jpg
道明寺の戦いは、午前と午後で戦いの場所が変わりました。地形を歩きながら当時の激戦をイメージしていただければ幸いです。布陣図はウィキペディアを参考にしています。ところで、大坂夏の陣の道明寺の戦いをご存知でしょうか。ここで簡単に解説しておきます。

大坂夏の陣「道明寺の合戦」とは

豊臣方、徳川方の最後の決戦が始まった慶長20年(1615年)泉南地方や八尾・若江など各地で大きな戦が繰り広げられていた。その中でも、大坂の関ヶ原とも言われる激戦が繰り広げられたのが、この「道明寺の合戦」である。
慶長20年5月6日の未明、大坂城を出た「後藤又兵衛基次(もとつぐ)」は、徳川方の出鼻をくじくため河内国分へと2800の兵を進めた。
道明寺についた又兵衛は、石川を渡り小松山に上り河内国分を見下ろすと、そこにはすでに数万の徳川軍が集結を終えていた。かまわず果敢に戦いを挑んだ又兵衛は、「奥田忠次三郎右衛門」を討取るなどの戦果をあげたが多勢に無勢。8時間にわたる激闘の末、「水野勝成」や「伊達政宗」の軍勢に圧されて自刃、隊は壊滅した。勢いづいた徳川軍は、石川を渡って道明寺へ進軍。
そこへ、遅れて到着した「薄田隼人正兼相(すすきだはやとのしょうかねすけ)」や「明石全登(あかしたけのり)」が迎え撃つも徳川勢の勢いは止まらず薄田隼人は善戦空しく討死。
いよいよ崩れかけた豊臣方を立て直したのが「真田信繁」であった。信繁は、誉田八幡宮付近に布陣。これには伊達政宗の武将「片倉重長」が盛んに攻め立て両者相譲らず、戦いは膠着した。
そこに届いたのが、八尾・若江の戦線で、豊臣方の防衛が突破されたとの知らせがあった。この知らせを受け、戦場を縮小し大坂城の守りに転ずべしとの「毛利勝永」の采配で、戦の舞台は道明寺から天王寺へと移された。その際、殿軍を務めた信繁は、「関東勢百万と候え、男は一人もなく候」と徳川軍を嘲笑しながら悠然と立ち去ったと言われている。翌5月7日、「真田信繁」は、討死、大坂城は陥落した。(道明寺駅前の解説より)

field_03.jpg
午後の戦いをカシバードでみるとこんな感じ。段丘の上と下とで分かれて戦ったのだと想像できますね。徳川方の足下は低湿地で戦いにくかったのかもしれないな…

さて、
IMG_0065.jpg
集合場所の「土師ノ里」駅横の広場です。

IMG_0525.jpg
允恭天皇陵の北側は崖が続いています。

IMG_0512.jpg
段丘崖の高低差を愛でながら歩きますよ。

IMG_0483.jpg
国府(こう)遺跡。何もない原っぱですが、ここは旧石器時代から人が暮らしていた場所。段丘の上にあることを感じながら歩くと楽しいかも…

IMG_0458.jpg
宮の南塚古墳です。宮内庁の管轄なので入れません。

IMG_0412.jpg
段丘の東側の高低差です。

IMG_0443.jpg
この辺りでも徳川方の豊臣方の戦いがあったのかもしれません。

IMG_0409.jpg
この道は東高野街道。京都から生駒山地の西の麓を通って古市、富田林、河内長野へ繋がる南北に走る街道です。

IMG_0365.jpg
道明寺天満宮です。ここで2回休憩を取ります。

IMG_0377.jpg
ちなみにこれがトイレ。結構きれいでした。

IMG_0380.jpg
境内にある修羅の復元。三ツ塚古墳から出土した大小2基の修羅の大きい方です。古墳を造るときに巨大な石を運ぶためのソリですね。

IMG_0391.jpg
こちらは道明寺。元は土師氏の氏寺である土師寺。土師氏はのちに菅原の姓になりますが、菅原道真の号である「道明」にちなんで、道明寺と改められました。

IMG_0099.jpg
再び土師ノ里駅の前を通り鍋塚古墳の上から眺めます。

IMG_0136.jpg
神社の境内を横切る近鉄電車。この鳥居もくぐります。

IMG_0182.jpg
そして、古室山古墳の上へ。結構高いですが、眺めはいいので天気がよければハルカスも見えます。正面にちっちゃく見えるやつです。

IMG_0206.jpg
この辺りの古墳は段丘に沿って作られていますが、この下を誉田断層が通っています。地形の高低差を見ながら移動。

IMG_0215.jpg
高速道路の下にある赤面山古墳。国の史跡でもあります。

IMG_0542.jpg
道明寺天満宮で2回目の休憩の後、いよいよ小松山へ向かいます。その前に、道明寺駅前にある道明寺合戦記念碑。

IMG_0548.jpg
登録有形文化財の玉手橋を渡ります。

IMG_0562.jpg
玉手山公園の中へ。実はここから結構上りです。

IMG_0599.jpg
上りきった広場に後藤又兵衛基次の碑。豊臣方の先鋒として小松山で水野勝成、本多忠政、松平忠明、伊達政宗ら2万の軍勢と戦いました。奥田忠次を討ち取るなど、孤軍奮戦しましたがこの地で討死しています。

IMG_0609.jpg
玉手山7号墳の後円部頂上に建つ大坂夏の陣戦没者供養塔。

IMG_0663.jpg
ちょっと寄り道で谷地形に入っていきます。

IMG_0635.jpg
谷の斜面を利用した安福寺横穴群はぜひ見ておきたい。

IMG_0688.jpg
そして大坂夏之陣 小松山古戦場跡の碑にやってきました。玉手山1号墳と2号墳の間にあります。

IMG_0701.jpg
1号墳の上には徳川方の武将・奥田忠次三郎右衛門の墓があります。

IMG_0713.jpg
ここから南側を見ると、墓石が密集しているのが2号墳でその左奥の白い建物がある奥に3号墳があります。この辺りで後藤又兵衛率いる2800の兵と徳川方の2万の兵が戦ったのでしょうね。

道明寺周辺は地形の起伏に富んだエリアです。
地形を知った上で歴史を見ていくと、いままでとは違う風景がイメージできるかもしれませんね。

※ フィールドワークの参加募集は締切らせていただきました。ご了承ください。


(追記)
matabezakura.jpg
後藤又兵衛基次といえば、あの「又兵衛桜」を思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか。後藤家の屋敷跡に今も残る樹齢300年といわれるしだれ桜です。

後藤又兵衛基次は生き延びたという伝説も残っています。ブログ内の解説板を参照ください。
奈良・宇陀の又兵衛桜十三のいま昔を歩こう

(数年前に微速度撮影をした時の映像です)



スポンサーサイト

大阪高低差学会・2016 秋のフィールドワーク(道明寺)

21:16

道明寺は歴史もすごいが
地形も結構おもしろい!…


1029_2.jpg

2016秋のフィールドワークのお知らせです。
今回も上町台地を離れ、河内国 道明寺(どうみょうじ)周辺を歩きます。この地は、大坂夏の陣の激戦地として語り継がれているエリアですが、歴史的に見ても旧石器時代から人々が営んでいた痕跡が残る国府遺跡や大型の古墳が点在するエリア。今回は、前半は河岸段丘の高低差や古墳の上にのぼったりして人工的な地形の高低差を楽しみ、後半は激戦地であった小松山に向かいます。

開催日時:10/29(土)雨天決行(ただし悪天候の場合は中止)
集合場所:近鉄「土師ノ里」駅前
集合時間:12時30分(16時30分頃 近鉄「河内国分」駅で解散予定)
参加費:300円(記念缶バッチ+大阪高低差学会古墳部缶バッチ+凸凹地図+保険料)中学生以下は150円。
定員:50名くらい

※ 懇親会も考えていますが、大人数が入れる場所がないので臨機応変に現場対応しようかと思っています。ご了承ください。
※ トイレ休憩は道明寺天満宮に2回立ち寄ります。
※ 前回の反省(歩く距離が長過ぎました…)もこめ、誉田八幡宮に立ち寄ると3万歩をこえるので断念しました。今回は2万歩くらいかな…

参加希望の方はfacebookのイベントで「参加予定」をポチッとしてください。
会員でない方も大歓迎!
申し込みは↓こちら

https://www.facebook.com/events/1244093242319028/

furuichi_2.jpg





最新記事