国土地理院・数値標高モデルデータ(5mメッシュ)が統合

20:30

5mメッシュ標高データがとても良くなった。

カシミール3Dを使う時に利用している国土地理院の数値標高モデル(5mメッシュ)のデータが整備統合され、ダウンロードデータが更新されています。以前のデータは、基盤測量成果と公共測量成果の似て非なる2種類のデータが存在してややこしく、さらに私が利用している近畿圏では部分的に欠けているエリアがあり、決して使い勝手がいいとは言えませんでした。それがやっと統合され、欠けていたエリアもほとんどなくなり(私は利用しているエリアに関して)とてもいいデータになっています。

kokudo_00.png
私が利用しているの大阪を中心に、兵庫、京都、奈良まで広げたエリアです。このエリアのデータをすべてダウンロードすると約4.5GBになりました。

kokudo_01.jpg
この地図は以前のデータをカシミール3Dで読み込んだもの。欠けている部分がとても残念だったのですが、

kokudo_02.jpg
新しく更新されたデータではこのようになります。
素晴らしい!

kokudo_03.jpg
以前欠けていた部分にはちょうど古市古墳群の一部が入っていたのですが、

kokudo_04.jpg
新しいデータではすべての古墳の位置関係がわかります。嬉しい!

kokudo_05.jpg
ここは千里丘陵です。地形の変化がとても大きい場所なので欠けているのがとても残念だったのですが、

kokudo_06.jpg
やったー!

kokudo_07.jpg
奈良の南部です。このエリアは、個人的にマイブームのエリアで、明日香村や大和三山が見えなかったのですが、

kokudo_08.jpg
わ〜!
川まではっきりわかる。

さらに拡大で見ていきましょう。

kokudo_001.jpg
三輪山と纒向遺跡、大和三山に飛鳥や藤原京跡など、日本のはじまりのエリアが地形を通して見る事ができます。

kokudo_002.jpg
古市古墳群です。どのような地形に古墳が作られたのかがよくわかります。

kokudo_003.jpg
百舌鳥古墳群です。これらの古墳を作るときはおそらく石津川を利用して物資を運んだのでしょう。

kokudo_004.jpg
京都と大阪の境目。天王山や石清水八幡宮がある男山の辺りも気になるエリアです。(※石清水八幡宮エリアはデータが欠けていました)

kokudo_005.jpg
枚方丘陵も気になる。ひらパーは高低差を利用した遊園地なのがわかります。

kokudo_006.jpg
そして、千里丘陵。
このエリアは大阪近郊で高低差の変化がとても面白いエリアです。佐井寺はわかりやすいスリバチ地形になっていますね。来年はこのエリアを中心にいろいろ歩き回ってみたいと思っています。

(関連サイト)
国土地理院・基盤地図情報サイト※ダウンロードには登録が必要です。


さて、今年も押し迫ってきた。
おそらくこの記事が今年最後の記事になると思います。
大阪高低差学会が発足したのは今年の2月。
まだまだ始まったばかりでいろんなことがこれからです。

ただ、この一年でわかったことは、
大阪の地形はおもろいということです。
こんな変わった地形はなかなかないです。
こんな歴史がある土地もなかなかないです。
おもろいです。大阪の地形。

ということで、
来年も大阪の地形を楽しみましょう。

ちょっと早いですが、
よいお年をお迎えくださいませ。


(追記)
新しい地形図を壁紙サイズにしてGoogle Driveにアップしました。
ダウンロードしてお使いください。
Macのモニターサイズで作っています。

kabegami2.jpg

iMac 27 ( 2,560 x 1,440 )
iMac 21.5 ( 1,920 x 1,080 )
MacBook Pro 15 Retine ( 2,880 x 1,800 )
MacBook Pro 13 Retine ( 2,560 x 1,600 )
MacBook Air 13 ( 1,440 x 900 )
MacBook Air 11 ( 1,366 x 768 )
iPad Air Retine ( 2,048 x 1,536 )
iPad mini Retine ( 2,048 x 1,536 )
iPad mini ( 1,024 x 768 )
iPad 2 ( 1,024 x 768 )



スポンサーサイト



最新記事