FC2ブログ


待望の地形本が出た!『平野が語る日本史/日下雅義』

14:19

日下雅義先生の著書『平野が語る』が『平野が語る日本史』と改名し単行本として発売されました(2020年06月12日発売)。実は、表紙に使われている画像は大阪高低差学会から提供させていただいたものです。カシミール3Dを使いだした初期に作った画像を、出版社が採用してくださいました。日下先生の著書は、大阪高低差学会の活動において中沢新一氏の『アースダイバー』『大阪アースダイバー』と同じくらい重要で、「日本書紀」や「万葉集」などの古文献に書かれている当時の地形の描写等から地形のなりたちをひも解いておられます。私(新之介)は、その手法に感銘し、未熟ではありますが私なりに実践しているつもりです。大好きなカシミール3Dでつくった地形図が、大好きで尊敬する日下先生の著書の表紙になるということは大変光栄だしとても嬉しい。きっとこの本も私の愛読書になると思う。角川ソフィア文庫から発売中(880円税別)です。関心のある方はぜひ。

IMG_3868.jpeg
IMG_3869.jpeg
IMG_3870.jpeg
スポンサーサイト




まちなみで知る西宮の魅力 セミナー & コープカルチャー 関西凸凹散歩 その風景にはワケがある!

01:00

■「西宮まちなみ発見倶楽部」主催
まちなみで知る西宮の魅力 セミナー

・日時:2020年 2月24日(月・振休)10時〜12時(9時15分受付開始)
西宮の地形を中心にお話しさせていただきます。
甲山周辺の地形と宮水と地形の関係のお話などを。
nishinomiya2020.jpg

・会場:西宮市民会館 4階中会議室401
   (阪神西宮駅市役所口改札よりすぐ)
・講師とテーマ
  藪秀実/ヴォーリズ記念館館長「ヴォーリズさんの建築探訪」
  新之介/大阪高低差学会代表「西宮の凹凸地形散歩を楽しもう!」
・参加費:600円
・定員:80名(先着順)
※会場があまり広くないため、2階もしくは3階で受付をお待ちいただく場合があります。
※スタッフはマスク着用、入口でアルコール消毒の徹底などの対策を行います。


↓下記イベントは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止になりました。
■コープカルチャー生活文化センター
とき:2020年 4月18日(土) 13:30~15:30
受講料:1,980円
講師:新之介(大阪高低差学会代表)
場所:コープカルチャー生活文化センター
(神戸市東灘区田中町5-3-18)(JR住吉駅下車 東へ約8分)
定員:50人

お問い合わせ・お申し込み先
コープカルチャー生活文化センター
TEL : 078-431-5273
→お申し込みはこちら

『阪神・淡路島「高低差」地形散歩』の面白い部分を引っ張り出してお話しさせていただきます。
coop.jpg


■ビーバップ!ハイヒール 
『関西凸凹散歩』~その風景にはワケがある!~


2020年02月13日(木)よる11時17分からです。よろしければ。

0213.jpg

■ビーバップ!ハイヒール |(朝日放送テレビ)で使用した大阪の地形図(参考資料)
abc20200216.jpg

書店様用POP(阪神・淡路島「高低差」地形散歩)

00:00

書店様用販促POP配布中!!
『阪神・淡路島「高低差」地形散歩』のPOPをつくりましたので、プリントアウトしてご利用ください!クリックすると別ウインドウで大きな画像が表示されますので、それをダウンロードしてください。

A4サイズ横(210×297mm)】han_a4_yoko.jpg : 1.6MB
han_a4_yoko.jpg

A4サイズ縦(297×210mm)】han_a4_tate.jpg : 2MB
han_a4_tate.jpg

L判横(127×89mm)】han_l_yoko.jpg : 590KB
han_l_yoko.jpg

L判縦(89×127mm)】han_l_tate.jpg : 709KB
han_l_tate.jpg

ハガキサイズ横(148×100mm)】han_hagaki_yoko.jpg : 676KB
han_hagaki_yoko.jpg

ハガキサイズ縦(100×148mm)】han_hagaki_tate.jpg : 815KB
han_hagaki_tate.jpg


関連記事:「凹凸を楽しむ 阪神・淡路島「高低差」地形散歩十三のいま昔を歩こう


2018秋のフィールドワーク予告

16:20

souda3.jpg

大阪高低差学会2018秋のフィールドワークのテーマは「そうだ京都、のヘリに行こう。」。大阪と京都の境界線である山崎周辺をフィールドワークする予定です。開催日は11月25日(日)。募集はFacebookページのイベントで行います。これから下見やコース等の準備を始めますので、募集告知は少し日数がかかります。もうしばらくお待ちくださいませ。




ナカノシマ大学 カシミール3Dとカシバード

02:00

ナカノシマ大学2018年8月講座
大阪を見下ろせ!

2018年8月21日(火)、本渡章さんの著書『鳥瞰図!』の刊行を記念として、本渡さんと一緒に登壇させていただきました。前半は本渡さんによる様々な鳥瞰図とその魅力について、後半は、私が「カシミール3D(無料)」で何ができるのか、「カシバード」でどんな鳥瞰図が描けるのか、iPhone・iPad用のアプリ「スーパー地形(有料)」やカシミール3D用の「スーパー地形セット(有料)」の素晴らしさを、営業マンになった気分で熱く語ってきました(笑)。結構関心を持って聞いてくださった感じだったかも。で、その時のスライド画像を少しだけご紹介します。

DSC_4753.jpeg
大阪府立中之島図書館 別館の2階、きれいな会場でした。

DSC_4773.jpeg
満員御礼です。ありがとうございました!

DSC_4779.jpeg
普段、自分のプロフィールだけで30分しゃべるのですが、今回はぎゅっと凝縮して3分を目標に。

a001.jpg
大阪・京都・奈良・神戸を俯瞰で見た図。色の設定は結構こだわります。

a002.jpg
海水面を数m上げて、縄文海進時のイメージで大阪湾全域をカシバードで見たところ。結構お気に入りの画像です。

a004.jpg
淡路島〜六甲山〜千里丘陵へのラインが美しい。

a005.jpg
淡路島〜紀淡海峡〜泉南の海岸線〜上町台地のラインがいい。

a008.jpg
上町台地の先端部。

a0013.jpg
河内平野の上空から千里丘陵方面を。島は鶴見緑地です。

a0016.jpg
千里丘陵南端の崖線から伸びる高川と天竺川の天井川。

a0015.jpg
百舌鳥古墳群の上空から。仁徳天皇陵と履中天皇陵古墳が、海岸線の丘の上に並んでいるのがよくわかる。海上からどのように見えるかも計算して造られていたのだと思われる。

a0014.jpg
西宮上空から六甲山地を望む。

a0017.jpg
明治時代の今昔マップをカシバードで見たところ。木津川、宇治川、桂川が山崎の狭隘部でひとつになり淀川になっていく様子がよくわかる。巨椋池が中央部にあります。

a0019.jpg
川だけ地図をカシバードで見たところ。

a0020.jpg
奈良盆地の川がすべてまとまり、大和川になっていく様子がよくわかる。




最新記事