FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカノシマ大学 カシミール3Dとカシバード

02:00

ナカノシマ大学2018年8月講座
大阪を見下ろせ!

2018年8月21日(火)、本渡章さんの著書『鳥瞰図!』の刊行を記念として、本渡さんと一緒に登壇させていただきました。前半は本渡さんによる様々な鳥瞰図とその魅力について、後半は、私が「カシミール3D(無料)」で何ができるのか、「カシバード」でどんな鳥瞰図が描けるのか、iPhone・iPad用のアプリ「スーパー地形(有料)」やカシミール3D用の「スーパー地形セット(有料)」の素晴らしさを、営業マンになった気分で熱く語ってきました(笑)。結構関心を持って聞いてくださった感じだったかも。で、その時のスライド画像を少しだけご紹介します。

DSC_4753.jpeg
大阪府立中之島図書館 別館の2階、きれいな会場でした。

DSC_4773.jpeg
満員御礼です。ありがとうございました!

DSC_4779.jpeg
普段、自分のプロフィールだけで30分しゃべるのですが、今回はぎゅっと凝縮して3分を目標に。

a001.jpg
大阪・京都・奈良・神戸を俯瞰で見た図。色の設定は結構こだわります。

a002.jpg
海水面を数m上げて、縄文海進時のイメージで大阪湾全域をカシバードで見たところ。結構お気に入りの画像です。

a004.jpg
淡路島〜六甲山〜千里丘陵へのラインが美しい。

a005.jpg
淡路島〜紀淡海峡〜泉南の海岸線〜上町台地のラインがいい。

a008.jpg
上町台地の先端部。

a0013.jpg
河内平野の上空から千里丘陵方面を。島は鶴見緑地です。

a0016.jpg
千里丘陵南端の崖線から伸びる高川と天竺川の天井川。

a0015.jpg
百舌鳥古墳群の上空から。仁徳天皇陵と履中天皇陵古墳が、海岸線の丘の上に並んでいるのがよくわかる。海上からどのように見えるかも計算して造られていたのだと思われる。

a0014.jpg
西宮上空から六甲山地を望む。

a0017.jpg
明治時代の今昔マップをカシバードで見たところ。木津川、宇治川、桂川が山崎の狭隘部でひとつになり淀川になっていく様子がよくわかる。巨椋池が中央部にあります。

a0019.jpg
川だけ地図をカシバードで見たところ。

a0020.jpg
奈良盆地の川がすべてまとまり、大和川になっていく様子がよくわかる。

スポンサーサイト

2018 賀正

00:00

神戸正月

あけまして おめでとう ございます

昨年はたいへんお世話になりました
今年も素敵な高低差を探し歩きながら皆様と楽しみたいと思っております
最近は阪神間をフィールドワークすることが増えました
フェイスブックページでもその記録をアルバムでアップしています
皆様によい高低差の出会いが訪れますように
本年もどうぞよろしくお願い致します

大阪高低差学会 おせわがかり一同
大阪高低差学会 古墳部
大阪高低差学会 おやつ部






大阪高低差地形散歩広域編 刊行記念講演会

03:52

講演会のお知らせです。

いつもお世話になっている紀伊國屋書店梅田本店さんが、
『大阪「高低差」地形散歩 広域編』の刊行記念講演会を企画してくださいました。
タイトルは「大阪の地層はミルクレープ?」
会場の都合で有料ですが、おまけの缶バッチを発注しました!
日曜日の夜となかなか忙しい時間帯ですが、ご都合よろしければぜひ。
大阪の地質や地形の話は超わかりやすく。というか、難しいお話はできません…
話題のカシミール3Dやスーパー地形、ブラタモリのエピソードなどのお話しもしようかと。

紀伊國屋

開催日時:2017年11月5日(日)

17:45 開場 , 18:00 開始

会 場:阪急グランドビル26階会議室

参加方法
チケット : 販売制 (税込)1,000円

チケットは紀伊國屋書店梅田本店①番カウンター(左側の入口)にて販売。

お問合せ・ご予約:紀伊國屋書店梅田本店 
06-6372-5821(営業時間 10:00~22:00)


(11/6 追記)
3連休の最後の日曜日の夜にもかかわらず、約70名の方々に参加いただきました。今回は広域編の話も盛り込み、スライド250枚を2時間で話をするということにチャレンジしてみたのですが、なんとか時間内にお話しできた。反省点も多々ありますが、これからも大阪の地形の魅力を伝えていければと思っています。紀伊國屋書店梅田本店の関係者の皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

IMG_3958.jpg

IMG_3957.jpg


鴻池新田会所での歴史講座とカシミール3Dの魅力

13:05

鴻池新田会所といえば、国史跡で重要文化財でもある建物。2017年10月7日(土)に、その本屋土間で講演をさせていただきました。とても素敵な建物と空間でいい経験をさせていただきました。

IMG_3883.jpg
ここが会場。広大な土間空間と太い梁が素敵です。

IMG_3918.jpg
座敷に座布団。私もここから見たかった。

今回は「凹凸地形散歩の楽しみ方」というタイトルでしたが、カシミール3Dのお話も少しさせていただきました。
konoike_01.jpg
これは海水面をすこし上昇させたイメージ。旧大和川の自然堤防がよくわかりますね。ちなみに鴻池新田会所がある場所は、かつて新開池があった場所です。

kyoto2_1.jpg
京都盆地上空から大阪方面を見たところ。地図は「今昔マップ」の1892〜1910をマッチングしています。中央の男山と天王山に挟まれた山崎狭隘部に京都盆地の川が集まっていく様子がよくわかりますね。

kyoto2_2.jpg
これは「川だけ地図」をマッピングしたところ。これも京都盆地の川が一ヶ所に集まっていくところがよくわかる。

nara.jpg
これは奈良盆地の川が大和川にまとまって大阪平野に流れていく様子がよくわかる。

IMG_3936.jpg
最後にみなさんで記念撮影をしました。とてもたのしかった。
いろいろ段取りをしてくださった別所さん、関係者の皆様、どうもありがとうございました!


(関連サイト)「鴻池新田会所のあらまし




書店様用POPダウンロード(大阪高低差地形散歩広域編)

22:00

書店様用販促POP配布中!!
『大阪「高低差」地形散歩 広域編』のPOPをつくりましたので、Googleドライブよりデータをダウンロードし、プリントアウトしてご利用ください!

  ↓   ↓   ↓
g_drive.png
すべてのファイルを格納しています。


【A4サイズ(210×297mm)】A4_01.pdf : 1.4MB A4_01.jpeg : 1.8MB
A4_01.jpg


【A4サイズ(210×297mm)】A4_02.pdf : 1.3MB A4_01.jpeg : 1.5MB
A4_03.jpg


【A4サイズ(210×297mm)】A4_03.pdf : 975KB A4_01.jpeg : 1.3MB
A4_02.jpg


【はがきサイズ(100×148mm)】hagaki_01.pdf : 578KB hagaki_01.jpeg : 655KB 
hagaki_01.jpg


【はがきサイズ(100×148mm)】hagaki_02.pdf : 549KB hagaki_02.jpeg : 573KB 
hagaki_02.jpg


【はがきサイズ(100×148mm)】hagaki_03.pdf : 594KB hagaki_03.jpeg : 606KB 
hagaki_03.jpg





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。