大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・前編(纒向古墳群)

23:45

大阪高低差学会古墳
第1回古墳ブラ歩き
〜怒涛の巻向編〜(前編)

大阪高低差学会おせわがかりのひとり、大西さんが企画してくださった「大阪高低差学会古墳部 第1回古墳ブラ歩き 怒涛の巻向編」のレポートです。古墳部の記念すべき第1回フィールドワークは、奈良県桜井市にある箸墓古墳周辺の古墳を歩いてきました。

google_makimuku_1.jpg
まずはGoogle Earthで歩いたコースの全体像を。JR三輪駅から箸墓古墳と巻向古墳群をまわり、昼食後はJR線山側の古墳を巡りました。歩いた距離は約16km。まさに怒涛の古墳歩きでした。

PC143469.jpg
JR三輪駅から箸墓古墳を目指して上ツ道(かみつみち)を歩いていきます。上ツ道とは古代よりつづく官道のひとつです。

PC143471.jpg
こんな洗い場が残っているのがいいですね。

PC143475.jpg
むこうに箸墓古墳の森が見えてきました。

PC143482.jpg
ここはクビレ部分です。ここに古墳を横断する村道跡が残っています。森の中を観察すると後円部は段々になっているのがよくわかります。現地に行かれたたら地表を観察してみてください。

(参考記事)
箸墓古墳とホケノ山古墳十三のいま昔を歩こう

PC143488.jpg
今の時期は水が抜かれているようですね。

PC143489.jpg
よく見ると黒い石がたくさん見えます。葺石の一部でしょうか。

PC143492.jpg
左が後円部、右が前方部。クビレ部から前方部の端に向けて勾配があり、先端は大きくせり上がっているのがよくわかります。後円部は5段になっていますが、最上段の全面がこぶし大の石で覆われているようです。いったい誰の墓なのか、興味が尽きませんね。

PC143495.jpg
JR巻向(まきむく)駅です。

PC143512.jpg
この駅を中心に東西2km、南北1.5kmの範囲が古墳時代前期の大規模集落があった纒向(まきむく)遺跡です。駅の近くに大型建物跡が発掘されて話題になりました。

PC143655.jpg
これが発掘当時の写真。奥のフェンスのところが線路です。

PC143499_2.jpg
その大型建物群が発見された場所に行きたかったのですが、道がわからず巻向駅のホームから見せていただきました。

PC143505_2.jpg
ホームから見渡すと地形の高低差がよくわかるのですが、建物があった場所はやや高く、左側は低くなっています。古墳時代、この低地には大溝があったようです。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143666_2.jpg
纒向遺跡の模型です。大型建物群の左右に大溝と呼ばれる水路があったようです。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143635.jpg
「桜井市立埋蔵文化財センター」にも立ち寄りましたので、纒向遺跡の出土品を簡単に紹介します。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143637.jpg
纒向遺跡の象徴的な出土品がこの木製仮面です。3世紀前半のもので木製の仮面としては国内最古。祭祀で使われたものだと考えられています。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143639.jpg
実はこの仮面、鍬(くわ)から転用したモノです。リサイクルなのですね。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143643.jpg
纒向遺跡では様々な形の土器が出土しおり、これは全国各地から人々が集まって来たという事を示しています。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143640.jpg
ちなみに、出土した土器の15〜30%が大和以外の地域のものだそうです。

「桜井市立埋蔵文化財センター」の展示より
PC143642.jpg
エリアはこんな感じ。

さて、
PC143517.jpg
纒向古墳群を巡っていきましょう。ちなみにここから主催者である大西さんと合流。なぜここから合流かは、私からはとても言えません(笑)

PC143520_1.jpg
わずかに盛り上がっているところが纒向石塚古墳です。

PC143540.jpg
前方後円墳が出現する以前の3世紀初頭に築造され、最古の古墳と注目された古墳です。現在は、3世紀前半と築造が3世紀中頃で埋葬が3世紀後半とする2説があります。葺石や埴輪がない、言わば前方後円墳のプロトタイプのような墳丘墓で、後円部が大きく、前方部が小さい頭でっかちのカタチが特徴です。

PC143537.jpg
元々の後円部は3段あったようですが、第2次世界大戦時に高射砲陣地の設営のため墳丘の上部を削ってしまったようです。

PC143534.jpg
女子っけがまったくないの男子会状態。

PC143546_1.jpg
次に向かったのが勝山古墳。

PC143550.jpg
こちらも、埴輪や葺石がない前方後円墳のプロトタイプとおもわれる墳丘墓です。

PC143552.jpg
周濠からは3世紀頃の遺物が多数出土しています。

PC143553.jpg
どうやら中は立入禁止ではないようです。行ってみましょうか(笑)

PC143556.jpg
ガサガサ…

PC143557.jpg
ガサガサ…

PC143558.jpg
おっ、結構行けちゃいましたね。

PC143562.jpg
この竹やぶの中でも解説をする大西さん。さすがです。

PC143569.jpg
お隣に矢塚古墳があります。

PC143573.jpg
こちらも埴輪や葺石がない前方後円墳のプロトタイプで、3世紀中頃に築造された墳丘墓です。

PC143577.jpg
上にのぼりましょう。

PC143579.jpg
上からみると結構高い。

PC143582.jpg
もちろんここでも大西さんの解説が。

PC143584.jpg
「はい、次!」って感じの一行。

PC143587.jpg
振り返りながら、南北56m、東西64mって大きいな〜と改めて思う。

PC143590.jpg
農道をしばらく歩くと見えてきました。

PC143592.jpg
東田(ひがいだ)大塚古墳。

PC143597.jpg
近づくとなにやら畑っぽい。

PC143600.jpg
こちらも埴輪や葺石がない前方後円墳のプロトタイプ。3世紀後半に築造されたもののようです。

PC143601.jpg
階段が手作り感満載。みかんの木がいいな。

PC143603.jpg
この竹もタケノコ用かもですね。

PC143606.jpg
墳頂です。

PC143612.jpg
なんとここには三角点がありました。

PC143610.jpg
大塚と刻まれた石も。

後編につづく…

(関連サイト)
大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・前編(纒向古墳群)
大阪高低差学会古墳部・第1回古墳ブラ歩き・後編(纒向古墳群)
大阪高低差学会古墳部・Facebookグループ




スポンサーサイト

馬見丘陵公園・馬見古墳群

07:30

【古墳ファイル 3(奈良県)】
馬見古墳群(うまみこふんぐん)


知らなかった。
奈良にこんな整備された
古墳公園があったとは。


umami_05.jpg
馬見古墳群の保全と活用をするために整備された馬見丘陵公園です。こんな公園があったなんてまったく知りませんでした。公園の東端にある無料駐車場に車をとめて公園を時計まわりで一周してきました。

7D2_0334.jpg
いきなり公園の入口にある石棺。最初はレプリカかなと思ったのですが、解説を読むと香芝市の北今市2号墳からでた本物だそうです。

7D2_0335.jpg
石棺を囲んだベンチなんて他にないでしょうね。石棺の横でお弁当を食べる風景はなかなかシュールで面白いかもしれない。

7D2_0340.jpg
公園はとてもきれいに整備されています。この風景のどこかに古墳があるのだろうかと思っていたら、

7D2_0343.jpg
ここに前方後円墳がありました。木で隠れてわかりにくいですがあとで行ってみましょう。

7D2_0346.jpg
歩道橋で道路を越えます。

7D2_0357.jpg
じつはその道路は佐味田狐塚古墳の真上を通っているみたい。

7D2_0359.jpg
こっち側が前方部です。ちょっと行ってみましょう。

7D2_0360.jpg
歩道橋の上にも土と石が敷かれていました。

7D2_0366.jpg
向こうに最初に渡った歩道橋が見えます。

7D2_0363.jpg
佐味田狐塚古墳の後円部です。きれいな曲線だ。

7D2_0355.jpg
大きな森が見えてきました。馬見古墳群で一番大きな巣山古墳です。

7D2_0375_2.jpg
前方部と後円部。私が立っている芝生エリアも気持ちいい。

7D2_0384.jpg
クビレ部の「造り出し」がはっきりわかりますね。

7D2_0392.jpg
三吉(みつよし)2号墳、古墳のカタチは帆立貝式古墳です。

7D2_0401.jpg
てっぺんは芝生ではなくタイル張り。後ろにスロープがあるので車いすでも上れるようになっています。

7D2_0406.jpg
それほど高くないが見晴らしはよいですね。右の森は巣山古墳です。

7D2_0408.jpg
古墳のてっぺんはいい。

7D2_0413_3.jpg
実は左の池の所にタダオシ古墳がありました。気付かずに通り過ぎてしまった…

7D2_0421.jpg
ナガレ山古墳です。

7D2_0430.jpg
このような解説板があるとありがたい。

7D2_0434.jpg
この古墳は昭和50〜51年に土取りで破壊されかけたようですね。

7D2_0436.jpg
変遷がわかりやすいです。2)自然地形を利用して 3)5世紀初期に完成。4)その後、経年変化で土に覆われ 5)土取りにより一部破壊。6)平成9年に整備が完成しました。

7D2_0439.jpg
カタチがよくわかります。

7D2_0457.jpg
解説に写真が出ていましたが、前方部に粘土槨(ねんどかく)が出ています。

7D2_0464.jpg
クビレ部分がいい。

7D2_0514.jpg
後円部から前方部を見たところです。

7D2_0483.jpg
パノラマ写真が劣化してよくわかりませんが、大和三山や二上山が見えるようです。

7D2_0485.jpg
…見えないけど。

7D2_0496.jpg
東方面です。劣化が激しすぎて残念ですが、

7D2_0497.jpg
おっ、最初に紹介した倉塚古墳が見えますよ。ということは、あっちからもこっちが見えているかもしれませんね。

7D2_0520.jpg
葺石は半分だけで半分は芝になっています。

7D2_0527.jpg
円筒埴輪が立てられているのは、神聖な場所への立ち入りを防ぐ役割があったのだとか。

umami_01.jpg
ナガレ山古墳のすぐ近くに古墳の分布図がありました。このエリア内だけで30基も確認されています。

umami_02.jpg
巣山古墳から全体をみるとこんな感じ。それぞれの古墳は表面に葺石があったりなかったりがしてますね。

umami_03.jpg
カタチも大きさもいろいろで面白い。古墳時代はどのような風景が広がっていたのだろう?すごい場所です。

7D2_0597.jpg
ここは馬見丘陵公園館。

7D2_0599.jpg
館内には古墳の資料などが展示されています。

7D2_0631.jpg
この森は乙女山古墳です。

7D2_0637.jpg
帆立貝式で後円部に造り出しがあるちょっと変わったカタチ。

7D2_0660.jpg
ただ、離れた場所から見てもカタチがわからない。

7D2_0647.jpg
乙女山古墳前の池から対岸を見ると丸い小山が見えます。一本松古墳です。

7D2_0626.jpg
きれいに刈られている。あの小山は前方後円墳の後円部です。

7D2_0674.jpg
きれいなカタチをしています。

7D2_0678.jpg
後円部のてっぺんです。

7D2_0686.jpg
見晴らしがよくて気持ちいい。

7D2_0700.jpg
一本松古墳の解説板。

7D2_0709.jpg
その向かいに倉塚古墳(スベリ山古墳)の解説板がありました。

7D2_0712.jpg
この記事の一番最初に紹介した古墳です。あの小山が前方後円墳の後円部。

7D2_0719.jpg
ここがてっぺんです。

7D2_0721.jpg
ほら、向こうにナガレ山古墳の後円部が見えますよ。

ということで、馬見丘陵公園をひとまわりしてみました。ここはお弁当を持って出かけてもいい場所ですね。この公園の名称、馬見古墳公園にすればよかったのにと思ってしまった。もっとメジャーになってもいい公園だと思います。


より大きな地図で 大阪高低差学会 古墳部 を表示


(関連記事)
大阪高低差学会
古墳ファイル 1(奈良県)新沢千塚古墳群 2014.06.27
古墳ファイル 2(大阪府)高井田横穴群 2014.07.02
古墳ファイル 3(奈良県)馬見古墳群 2014.07.10
1分で巡る古市古墳群45基2014.08.08

十三のいま昔を歩こう
大阪高低差学会・古墳部 2014.07.04
玉手山古墳群〜安福寺横穴群 2014.07.26


古墳部がゆく・新沢千塚古墳群

07:30

古墳が俺たちを呼んでいる
そんな気がしたのでつくりました。
kofunlogo.gif
突然ですが、大阪高低差学会の中に古墳部を作りました。
部会とか分科会だとカタすぎるのでゆる〜く古墳部です。

最近、テレビや雑誌等で古墳関連のニュースが増えてきたように思います。また、首都圏では若い女性を中心に古墳のカタチがいいとか、古墳グッズがかわいいとか、いままでの古墳ファンとはまったく違う感性で古墳を楽しんでいる人達が増えてきているようです。ちょっとした古墳ブームなのかもしれません。ただ、関西圏ではどうもそういう声が聞こえてこない。聞こえてくるとすれば「百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産に!」に関連するニュースくらいでしょうか。

よく考えてみると、大阪は古墳を楽しむにはとても恵まれた立地環境な訳で、上記の百舌鳥・古市古墳群や奈良の古墳群へのアクセスは抜群です。ただ、古墳に関心のある人が少なく、見に行くのは限られた一部の方々だけではないでしょうか。

これはもったいない!

ということで、大阪高低差学会古墳部では大阪近郊の気になる古墳をフィールドワークし、面白いと思った古墳を紹介していきたいと思います。


【古墳ファイル 1(奈良県)】
新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)


<報道発表資料>新沢千塚古墳群赤色立体地図の作成
asia_niizawa_1.jpg
これは奈良県立橿原考古学研究所とアジア航測株式会社が作成した新沢千塚古墳群赤色立体地図です。奈良県橿原市にある新沢千塚古墳群は、約600基もの古墳が密集している日本を代表する群集墳で国の史跡に指定されています。今回は円で囲んだ辺りに行ってきました。

niizawa_1.jpg
ゆるやかな丘の上が

niizawa_3.jpg
ボコボコしているのが

niizawa_5.jpg
わかりますでしょうか。

niizawa_2.jpg
線でトレースしてみました。

niizawa_8.jpg
丸い円墳だけでなく

niizawa_6.jpg
四角い方墳もまざっています。

niizawa_7.jpg
古墳群の中を歩いてみました。第115号墳と第126号墳からは多くの副葬品が出土しています。

7D2_0748.jpg
第115号墳の解説と

7D2_0753.jpg
第126号墳の解説。第126号墳の副葬品は東京国立博物館に所蔵されており国の重要文化財に指定されています。タイミングよく半世紀ぶりに里帰りして奈良の橿原市博物館で7月5日から展示されるようです。

半世紀ぶり里帰り 橿原・新沢千塚古墳重文出土品朝日新聞 2014.06.20 (capture)

7D2_0764.jpg
古墳群内はこのように遊歩道が整備されています。

7D2_0923.jpg
クネクネ道とボコボコが

7D2_0933.jpg
とてもいい感じ。

7D2_0774.jpg
向こうに見えるのは畝傍(うねび)山です。

7D2_0927.jpg
この距離から見るとプチプチにも見える。

7D2_0778.jpg
これらの古墳が造られ始めたのは4世紀の終わり頃から6世紀の終わり頃。

7D2_0955.jpg
そのうち最も多く古墳が造られた時期は、5世紀後半から6世紀前半にかけての100年間だそうです。

7D2_0783.jpg
さて、このエリアで最も大きいとされる前方後方墳を見に行きましょう。あの第81号墳がそうです。

7D2_0824.jpg
こうゆう案内柱はありがたい。

7D2_0879.jpg
ここです。草が結構ボサボサしている。

7D2_0830.jpg
全長約40mとなかなかのサイズ。前方部と後方部のくびれ部が明瞭であると書かれています。

7D2_0834.jpg
全体はこんなカタチ。

7D2_0836.jpg
岬のような出っ張りの中心部にある事がわかります。

asia_niizawa_2.jpg
赤色立体地図の拡大で見るとこのような場所。

asia_niizawa_3.jpg
周辺には円墳だけでなく方墳や小規模の前方後円墳もあるようです。

81_01.jpg
第81号墳を横方向から見たところ。前方部が低くて後方部が高いですね。

81_02.jpg
前方側から見たところ。くびれがわかる。

7D2_0874.jpg
後方墳の上に上ってみました。見晴らしがよくて気持ちがいい。

7D2_0947.jpg
新沢千塚古墳群は史跡指定地の中だけでも約380基の古墳が集まっていて、遊歩道もあるので散策するにはいい場所だと思います。こんな場所もあるのでピクニック気分で楽しめるかも。

7D2_0903.jpg
今の季節は緑が多いので、冬に訪れるとまた違った風景が見れるかもしれませんね。



より大きな地図で 大阪高低差学会 古墳部 を表示
近鉄「橿原神宮西口」駅から徒歩約10分です。


(追記)古墳部入部のお知らせ
古墳部は、一応、大阪高低差学会の中の部なので会員希望のメールを出していただければ自動的に古墳部に入れる事にしています。会員の方は入部したいと思った瞬間が入部です。

大阪高低差学会会員希望の方は、メールでお名前(ハンドルネームでもTwitterアカウントでも可。HPにお名前が表示されます)と希望の会員番号があればそれも書いてください。希望番号がない場合は自動的に決まります。会員になっても会費も何もいりません。ゆるいです。

ただ、古墳部に入りたいけど高低差はどうも…っていう方もいらっしゃるようなので古墳部の独立も検討中です。とりあえず、暫定的にこのカタチということで。


大阪高低差学会
mail : osakakoteisa@gmail.com
HP : http://osakakoteisa.blog.fc2.com/

(関連記事)
大阪高低差学会
古墳ファイル 1(奈良県)新沢千塚古墳群 2014.06.27
古墳ファイル 2(大阪府)高井田横穴群 2014.07.02
古墳ファイル 3(奈良県)馬見古墳群 2014.07.10
1分で巡る古市古墳群45基2014.08.08

十三のいま昔を歩こう
大阪高低差学会・古墳部 2014.07.04
玉手山古墳群〜安福寺横穴群 2014.07.26




最新記事